むらさき

若者の手離れ離れ

DMCラボの先月の課題図書は「デジタル・クリエイティビティ/村上知紀 著」でした。デジタルプラットフォームを活用するキャンペーン(≒これからの広告コミュニケーション)は、従来型のメディア中心キャンペーン(≒これまでの広告コミュニケーション)とは大違いですよ!っていうことが丁寧かつ具体的にまとまっています。

 

  • アテンションではなく → コネクションをつくり出す
  • マインドデータではなく → 行動データで効果を見る
  • 完パケ納品ではなく → 運用での改善



これらの変化は、ad:techや広告業界のセミナー、カンヌの報告会なんかでも目にする話で、ラボ内でもよく話題になるテーマです。そして、とあるワードがいつも登場します。それは『
手離れ』。

 

teba.jpg

「理想的だとは思うんだけどさぁ、それって手離れ悪くない?」

「手離れの悪い仕事ばっかりしてたらさぁ、売上げや効率が悪くならない?」

「手ばさきを片手で食べてる人を見るとさぁ、さすが名古屋人って感じしない??」



さとなおさんが10月末に書いていた「広告業界が変化しにくい根本的な理由」

 ワーッと作ってワーッと流してハイオシマイ。マス広告ってそういう瞬間的かつ刹那的な世界だったのだ。だから、「誠実で丁寧で真摯な手作業が増えていく非効率の世界」を知らないし、「非効率」は「悪」だったのである。ノリはいいし楽しく目立つことは得意だけど、いざ「地味で地道で手離れ悪くて」みたいなことになるとからきし弱い人たち。そういう人たちが集まった場所が広告業界だったりするわけ。



DMCラボの廣田周作氏はこんなTweet

 僕らが前に進むには、もはや企画やコンセプトよりも地道な運用の方が大事になってる、ということを潔く認めることしかないんじゃないか?もちろん、アイデアやコンセプトも重要なんだけど、それを運用していくことの方がもっと重要なんだと思う。手離れ悪いから、皆避けようとするけど。そこしかない。(@shusaku)

 


派手で楽しいお祭りは得意な広告屋が「祭りのあと」や「祭りのまえ」にどのような日常を過ごすか?すぐには成果が出なくても手を繋ぎ続けることができるか?たとえ一度手が離れたとしてもまた繋ぎたくなっちゃう関係性をどう築くか?そんなのめんどくさいよって言う人には味わえない "幸せな温もり" や "安心感" がそこにはありそうです。

そもそも広告屋を主語にするならば手離れではなく「手離され」かなぁ?「繋ぎたい!だって愛しているから!」「離さないで!損はさせないから!」みたいな初期の気持ちを(毎日は無理でも)たまに思い出して相手に示すことが重要な気がします。示す方法はアイデア?お金?笑顔?New案件?

手が届く距離にいるうちに 次の手を打たないと 他の手に渡っちゃうよぉ~。へたくそなラブソングみたいになってきたので、今日はこのへんで。


Posted: 2013年12月 9日 10:30