むらさき

つまらないの中にも愛が

「週末がつまらないのではない。お前がつまらないのだ
「週末に予定がないのではない。お前に友達がいないのだ」

これは、今から9年ぐらい前に流れていた、とあるラジオCMに出てくる台詞。土日に予定がなくボケーッとしてると、この言葉が脳裏にやってくる。facebookの「友達」欄に何百人も顔が並んでいても、週末に気軽に連絡できる「友達」はほとんどいない。そして、facebookに流れ続ける楽しそうな笑顔やおいしそうな食事の写真を見て、スマホをソファに放り投げる(とか言って実際には充電器に繋ぐ)。

現実社会やfacebookが、つまらないのも、おもしろいのも、全部自分のせいだ。


最近、小林弘人さんのウェブとはすなわち現実世界の未来図である (PHP新書)を読んでいたら、


顔見知り未満の人からの友達申請をすべて認めれば、勝手に大量に送りつけられてくる自己宣伝や、自分の関心とは無縁な投稿がタイムラインに横行するだろう。フェイスブックがつまらないと感じている場合、友だちを整理することをお薦めしたい。受け取る情報が有益になるかどうかは、自分自身がソーシャルグラフをどうデザインするかにかかっている。

なんてことが書いてあった。ふむふむ。おもしろい居場所をつくる・保つためには、ただただ受け取るんじゃなくて整理整頓マネジメントする必要があるよね。


それと受け取ってるばっかりじゃ、おもしろくなるわけない。しょうもない post (=give) でも、有益な take に繋がることがある。例えば、思わぬ人から「□□のこと詳しかったよね?」とか「こないだ書いてた○○について教えてよ」とか。Read Only Member ではウェブと現実世界はリンクしない。(リンクさせたくないんだよ!という人もいるのは承知)。小林さんの著作からもう二つ引用。


誰かにとって無意味な情報であっても、別のひとにとっては重要な意味合いがあるかもしれない。情報発信に対する「愛着」「共感」「信頼」は人によって異なるのだ。


人間はそれほど利他的には生きられない。しかし、直接のお返しを期待しなくとも、自分にとって意味のあることは誰かにとっても意味がある、といった感情をもちつづけて行動することが重要だ。


なにかを読んだ時に「なにがおもしろいのか全く理解できん!」と感じた時は視野を拡げる&視座を変えるチャンスかもしれない。なにかを書く・言う・行う時に「全員ってわけにはいかないけど、あのAさんにとってはおもしろいんじゃないかな」と思って行動するのがいいかもしれない。


世の中全員にとって "つまらない" ものなんて、ない。
すべての "おもしろい" は、たった一人の "おもしろい" から始まっている。
(格言のパクリっぽい感じで終わり)


Posted: 2014年6月12日 17:30