むらさき - MONTHRY ARCHIVES

マンネリ

ナラワシ

オキマリ


保守的な人。

保守的って「変化を好まない人」だと思われがちだけど、守るためには変わる必要がある。

変わらない人は、頑固者で懐古主義者であって、保守的とは違う。


変わらないなんて退屈だ。

いつも同じ服を着て、いつも同じもん食べて、いつも同じ人とつるんで。

そんな人生が楽しいのか、水は流れないと腐るんだぞ。


いいじゃねえか安心・安定・安住・安眠。濁ったほうが楽チンだぞ。

そもそも、ずっと清流でいようなんて無理だしおこがましいよ。

(ほんとは、変わらないんじゃなくて変えられないんだけどな。)


老舗とか、ベテランとか呼ばれる人たちは

停滞しているようで変化しつづけている。

濁った水を飲みたい人なんていないっしょ、と涼しい顔で舌を出す。



サッカーのリベロ。イタリア語で自由。

スイッチングの早さとタイミングが大事なポジション。

特定のマークを持たずに自由に守るポジション。憧れる?


自由には責任が伴う。

不自由には責任が伴わない。

不自由なのに責任が伴うのはサイアク。


勇者 戦士 僧侶 魔法使い ←バランス

勇者 戦士 武闘家 僧侶 ←攻撃的

勇者 遊び人 遊び人 遊び人 ←自由奔放


自由奔放ってポジティブに聞こえるかもしれないが。

実は命綱が切れた宇宙飛行士みたいなもんじゃないか?

無重力と重力、どっちが心地よいか知ってるかい?


人生は縄跳びみたいだ。地に足を付ける時と跳ぶ時と。

万事は繰り返す。でも同じ地面は二度と来ない。

ところで二重跳びはしんどいけど楽しいよね。



It's still the same old story

A fight for love and glory

A case of do or die


変わること と 変わらないこと?

変えること と 守りたいこと、でいこうよ。

自動詞。現在進行形。ネガよりはポジでね。


- - - - - - - - - - - - - - -


DMCラボの課題図書ではありませんが、最近、堀江貴文さんのゼロ―なにもない自分に小さなイチを足していく』を読みました。その中に気になるテキストがあったので引用します。


"組織は動き、ビジネスは変化する。大小さまざまな出会いと別れが、人間関係を更新していく。現状維持などありえない。僕は変わり、変わらざるをえない。僕を取り囲む環境もまた、変わっていく"

"僕らは「自分の時間」を生きるのか、それとも「他人の時間」を生かされるのか、を常に意識化しておく必要がある"

 


Posted: 2014年2月26日 08:00
Satoru Murayama
村山 覚 / Satoru Murayama

PROFILE

第5CRP局 コピーライター/CMプランナー
名刺上はこのような肩書ですが「一行の力」や「15秒の短編」で何とかできることは稀で、じっくり&にっこりとストーリーテリングをする仕事だよなぁと思う今日この頃です。